イーマサウンドセラピー

音による癒しの効果

 音がもつ癒しの効用については古くから知られています。19世紀には音楽が呼吸や心拍数、血液の循環・血圧に及ぼす影響を測定され、その生理的効果が科学的に研究され、「癒された、元気になった、よくなった」という感覚だけでなく、生理学的な変化があることが分かってきました。

 1967年にスイスの生理・物理学者ハンス・ジェニー博士は「音は一定の形や模様を作る力場を生起する性質がある」というサイマティクス(Cymatics)原理を発表しました。下の動画をご覧ください。


サイマティクス・サウンド

 イギリス人医師のマナーズ博士は「健康な体の組織(臓器や器官)は、特定の複合調和音を発している(マナーズ原理)」ことを突き止めました。簡単にいうと、胃からは5つの音が調和した「胃の音」が出ています。同様に、小腸からは「小腸」の音が出ています。マナーズ博士が発見したこれらの音は、サイマティクス・サウンドを呼ばれます。体は、まるで各組織から奏でられる音でシンフォニーを発するオーケストラのようです。

 

 サイマティクス・サウンドを体の組織に「聞かせ」、共鳴共振させることで、各組織が持つ本来の振動を取り戻すきっかけを与えることになります。各組織がこのような健康基準の振動音を「聞く」ことで、自発的に体自身が本来持つ振動を取り戻し、細胞が活性化され健康な状態に導かれます。


イーマ・サウンド

 マナーズ原理の発表以後、それ以前から研究されていた健康な人体の音を統合し、それらを総合的に応用しようとした研究者が多く出てきました。

 サイマティクス・サウンドセラピーを日本に紹介した松下幸訓氏もその一人です。イギリスで働いていた松下氏は、子供が股関節変形症になり、治療は不可能なので石膏で固めて手術を繰り返すしかないと医師から言われていました。

 マナーズ博士を訪ねた松下氏は、博士から「Cure(治る)」と言われ耳を疑ったそうです。他の医師からはCare(苦痛を取り除いたり、少しでも楽になるように工夫する)しかできないと言われていたからです。

 

 半信半疑のまま、週1回10分程度のサイマティクス・セラピーを受けると3ヶ月で完治してしまったのです。その後松下氏は、マナーズ博士のもとでサイマティクス・セラピーを学び、共同研究者になりました。

 

 マナーズ博士の逝去後に、音響光学技術が進歩し、マナーズ博士が夢見ていた理想的な施術が可能になってきました。松下氏は、マナーズ原理をベースに様々な研究を重ね、現代人に合い、体がもつ能力を最高に発揮できるようになる新しい複合調和音を割り出しました。それがイーマ・サウンドです。イーマとは、Emaと表記し、Evolutional cyMatics sound(進化したサイマティクス・サウンド)という意味です。

 イーマ・サウンドでは、体から抽出した音の他、植物や宝石から採取した音、心理に作用する音など、その用途と可能性に広がりと深まりが加わりました。

 

 弱った心身にイーマ・サウンドを「聞かせ」「共振共鳴」させ、心身が持つ本来の振動に調律します。その結果、細胞や組織が自発的に本来の振動を取り戻し、活性化され、健康な状態へと導かれます。それは、オーケストラが演奏前に各楽器を調律することで素晴らしいハーモニーが生まれるのと似ています。


イーマサウンドのモデル

イーマサウンドは病気を治すことを目的としていません。問題(病)に直接アプローチしません。河合隼雄によると心理療法のモデルは4種類あります。イーマサウンドは心理療法ではありませんが、このモデルで説明します。

  1. 医学モデル
    症状→検査・問診→病因の発見(診断)→病因の除去・弱体化→治癒

  2. 教育モデル
    問題→調査・面接→原因の発見→助言・指導による原因の除去→解決

  3. 成熟モデル
    問題、悩み→治療者の態度により→クライエントの自己成熟過程が促進→解決が期待される

  4. 自然(じねん)モデル
    治療者が「道(タオ)」の状態にあることによって、非因果的に、他にも「道」の状況が自然に生まれることを期待する

河合隼雄は次のように書いています。(引用「心理療法序説 岩波文庫」)

  • これはユングが中国研究者のリヒャルト・ヴィルヘルムより聞いた話として伝えているものである。ヴィルヘルムが中国のある地方に居たときに干魃が起こった。数ヶ月雨が降らず、祈りなどいろいろしたが無駄だった。最後に「雨降らし男」が呼ばれた。彼はそこいらに小屋をつくってくれと言い、そこに籠った。四日目に雪の嵐が生じた。村中大喜びだったが、ヴィルヘルムはその男に会って、どうしてこうなったのかを訊いた。彼は「自分の責任ではない」と言った。しかし、三日間の間何をしていたのかと問うと、「ここでは天から与えられた秩序によって人々が生きていない。従って、すべての国が「道(タオ)」の状態にはない。自分はここにやってきたので、自分も自然の秩序に反する状態になった。そこで三日間籠って、自分が「道」の状態になるのを待った。すると自然に雨が降ってきた」というのが彼の説明であった。

    ここで注目すべきことは、彼は因果的に説明せず、自分に責任はないと明言した上で、自分が「道」の状態になった、すると自然に(then naturally)雨が降ったという表現をしているのである。ここで、中国人がヴィルヘルムに言うときにどのような用語を用いたかは知る由もないが、彼が「道」のことを語る点から見て、老子『道徳経』に用いられる「自然」の話を用いたものと推察される。

 

私はイーマサウンドは自然モデルだと思います。病気を治そうとはしません。生まれてから現在までの生活で無理をして歪んでしまった心身にイーマサウンドの音を流すだけです。

 

心身が「道(タオ)」の状態になると、自然に(then naturally)新しい何かが生まれます。

 

医学モデル、教育モデル、成熟モデルのように、導く人と導かれる人がいるわけではありません。

セラピストがクライアントの病気を治そうとしたり、問題を解決しようとはしません。

  • どちらかが導く存在ではなく
    対等な関係で出会い
    自らの内側に開かれていると
    そこに新しい何かが生まれてくる。

イーマサウンドプラクティショナーの私がいて、セラピーを受けるあなたがいます。

そして、イーマサウンドという特殊な音を流します。

イーマサウンドの音は、あなたの体の細胞を健康にするスイッチを入れます。

そのことであなたの体の細胞に新しい変化が生じます。

 

しかし、その新しい変化の芽を育てるのはあなた次第です。

セラピー後の心身の小さな変化に気づいていることが大切です。

セラピー後にお渡しする岩塩とイーマサウンド波動水で整えることが大切です。

 

どのように変化の芽を育てるかというと、例えば、イーマサウンドには胃の音があります。

その音をかけることで胃を元気にするスイッチを入れます。胃が健康になる準備ができます。

胃にやさしい食事をして、調子の変化に気づいていてください。

そのときに暴飲暴食を続けるとどうでしょう。せっかくの変化が無駄になります。

 

セラピストに治すことを期待して、自分は心身の調子を整えることをしない人にはイーマサウンドセラピーは適していません。

私とあなたは対等な関係です。

共に、新しく生まれてくるものを大切に育てていきましょう。


イーマサウンドセラピーの進め方

  1. 予約
    予約専用サイトより予約します。
  2. カルテ記入
    ご予約後にカルテに記入していただきメールで送っていただきます。
  3. カウンセリング
    当日は丁寧なカウンセリングで現在の状況やセラピーへの期待をお聞きします。
  4. イーマサウンドの選択
    身体の音、バッチフラワーの音、宝石の音からあなたの音をオーダーメイドします。
  5. 岩塩体操
    イーマサウンドの効果をあげる体操をします。
  6. イーマサウンドセラピーの実施
    エネルギーセンターの測定と調整、エネルギーフィールドの調整、身体の調整を行います。
  7. 転写水のプレゼント
    オーダーメイドで作られた音を入れた水をプレゼントします。